EspritEsprit(エスプリ)|企業・組織へのコーチング、メンタルヘルス研修・講演

オフィシャルブログ

益子直美さんの「怒らない指導」にみるコーチング・センス

先日、テレビのニュースで、益子直美さんの「怒らない指導」

という取り組みが紹介されていました。↓↓↓
https://www.nhk.or.jp/ohayou/digest/2020/01/0125.html

 

福岡で「益子直美カップ」という小学生のバレーボール大会が毎年行われています。

「監督が絶対に怒らない」がルールのその大会。

もう6年目を迎えるそうです。

今では山口、佐賀、長崎、大分、熊本、鹿児島からなど、

参加チームが増え続けているとのこと。

 

放映をテレビでも見たのですが、ちょっとこわもての監督が、

試合ではつい熱が入って子どもたちにきつい口調で指示していました。

そこに益子さんがやってきて監督の口にバッテンのついたマスクをつけると、

監督は苦笑いしておとなしくなり、椅子に座りました。

 

そして益子さんが子どもたちの輪に入りました。
声をかけしばらくすると、おびえた顔をしていた子どもたちの顔が、

みるみる笑顔に。試合のムードも一変して、見事に勝利しました。

 

このとき

「益子さんは監督にかわって、子どもたちのことばに耳を傾け、

一緒に考えて楽しもうという態度をとりました」

と記事にあります。

 

ここでのポイントは、

まず「子どもたちの言葉に耳を傾け」て、

子どもたちにあること(この時はおそらく、監督が怒っていて怖い、

負けたら怒られる、でもうまくできない…などがあったでしょうか)

を、受け取ってあげたこと

 

そして「一緒に考えて楽しもう」と声がけすることで、

子どもたちを「考えられる人」として扱ったこと、

そしてスポーツをやる上でとても大切な、

「楽しむ気持ち」を子どもたちが取り戻せたことだと思います。

 

コーチングの基本のセンスでもある、

「受け取る」「やる人、できる人として扱う」が、ちゃんと入っています。
あなたが益子さんではなくても、このセンスを使うと、

子どもたちのやる気、自主性をとてもカンタンに引き出すことができるのです。

 

益子さんご自身は中学校の部活動でバレーボールを始め、

バレーボールを一から教えてくれたその時の監督に感謝の気持ちはあるものの、

怒鳴られるのが怖くてやっていた、どうしたら怒られないかばかり考えて、

バレーボールが好き!と言えなかった時代があったといいます。

 

怒られてうれしい人はいません。

断言しますが、怒ることで相手を自分の思い通りにしようとするコミュニケーションは、

一時的には結果が出ても、長続きしません。
たとえ「子どもたちのため」と思って怒っているのだとしても、

それはまったく通じないでしょう。

それは今の子に根性がないのではなく、人間として当然の反応なのです。

 

益子さんのような知名度のある元アスリートがこのような活動をされていることは、

日本のスポーツ界にとって、本当に喜ばしいことです。
益子さんと同い年である鈴木大地スポーツ庁長官も、

この活動には一目置いているとのこと。

鈴木長官は、全国の部活動のガイドラインを見直すなど、

ブラック部活動改革も積極的に進めています。

 

ということは、怒らない指導は、これからのスポーツ指導の当然の流れなのです。

 

エスプリでは、怒らない指導は当然のこととして、子どもたちが自ら動き出し、

楽しみながら力を出し切るためのコーチングをお伝えしています。

結果を出すためだけでなく、子どもたちの笑顔を見たい!

という監督さん、顧問の先生、

ぜひコーチングのスキルとセンスを学んでみませんか? 

 

子どもの指導だけでなく、仕事でも、家庭でも、とっても役に立ちます。
お気軽にお問い合わせください。

練習なしで、80台のスコアを出し続けられる理由ーー「自分はこんなもの」からのパラダイムシフト

きょうはゴルフのお話です。私はゴルフを30歳くらいの時に本格的に始めました。

いまも月2~3回程度、コースに出て楽しんでいます。

ほぼコンスタントに80台でラウンドしています。

 

それなりに練習した時期もありましたが、必死に取り組んだ記憶はありません。

楽しんで練習するうちに、ある程度ショットが打てるようになり、

徐々にスコアが上がっていったという感覚です。

今から10年ほど前のこと。そのころの私は、90台でラウンドしていました。

もちろん、もっといいスコアでラウンドしたいという気持ちは毎回持っていました。

でも90台の時がわりと長く続いていました。

 

一緒にラウンドしている人の中に80台を出している女性がいたのですが、

その人は私より体ががっしりしていてパワーがありました。

自分はあんな風にはなれないな、というのがありました。

本当は、私も80台を出したいと思っているのに……。

その日も80台でラウンドぞと思っていましたがあがってみると92。

私はふと、「自分ってこんなものなんかな。私には80台は無理かな」と

無意識に思っていたことに気づいたのです。

 

そこが私のゴルフの転機でした。

そこで何をしたかというと、「自分はこんなもの」という自分の本当の気持ちを、

しっかりと味わいました。その自分を認めたのです。

味わいつくした瞬間、「80台を出してもいいな」という気持ちが現れてきました。

自分に、80台を出すことを「許可」できたのです。

それまでの「私も80台を出したい、出せるはず!」と、

どこか自分に気合を入れるように思っていたのとは、

まったく違う感覚でした。

 

それからは、コンスタントに80台を出せるようになり、今に至ります。

そして私は、ゴルフクラブを握るのはコースに出るときだけ。

つまり、ふだんはゴルフの練習をしていないのです。

一生懸命練習している人、ごめんなさい(笑)

 

それにしても、「出せるはず!」よりも、

「出してもいいかも」のほうが機能するなんて、不思議ですよね。

でも、そういうものなのです。

 

「許可」は、パラダイムシフトを起こすための3原則の一つです。

人は、変わりたくて努力しているのに変われないという時、

どこか自分に許可が出ていない、ということが、往々にしてあります。

「自分は練習量がまだまだ」と思って、コツコツ練習する。

 

そんな謙虚さは日本人の美徳ですが、

その「まだまだ」という気持ち、

もしかしたら許可が出ていないのかもしれません。

そんな「パラダイムシフトゴルフ」にご興味のある方は、お問い合わせくださいね。

 

 

脳は良くも悪くも開発される(科学的に解明)

1.脳は良くも悪くも開発される

今日はまず、脳のしくみについてのお話です。
皆さんは、こういうことはありませんか?

久しぶりに資格の勉強を始めたけれど、学生の頃と違って全然覚えられない…。
「あの人、えーと、何て名前だっけ? うーん、出てこない」と、
当たり前に覚えていたことをなかなか思い出せない…。

たぶん、どちらも経験があるのではないでしょうか?
たしかに脳は使わなければ衰えます。
でも、脳にはほかの器官とは違う素晴らしい性質があります。
それは、使えば使うほど良くなる、ということ。
何歳になっても、トレーニング次第で開発されるのが脳。
さまざまな経験や学び、習慣などによって、
新しい神経回路(シナプス)が枝分かれして別の神経回路につながり、
新しい回路が作られていくからです。
このように変貌自在な脳のしくみを、神経可塑(かそ)性と呼びます。
このしくみによって、知能が向上する、スキルを習得する、EQが向上する、
(病気や事故などによる)脳損傷から回復するなど、さまざまなことが可能になります。

でも、逆の意味で怖いこともあります。
それは、脳はネガティブな方向にもどんどん開発されてしまうということです。
先日、このような記事を目にしました
(https://tocana.jp/2020/01/post_139975_entry.html)
毎日、愚痴や不平不満ばかり言っている人は、「ネガティブ脳」が形成されてしまう。
それが科学的にも解明されている、というのです。
脳が負のスパイラルに入り、シナプスも、
ネガティブな回路がどんどんつながっていってしまうわけですね。
常にネガティブな思考が思い浮かぶだけでなく、ネガティブな現象にばかり敏感になり、
身の回りの悪い知らせばかりに気がつくようになる。
そしてこの負のスパイラルから抜けられなくなり、
うつ病などの精神障害が引き起こされるのだと言われています。



2.ポジティブになれば物事は解決する⁉

とはいえ、人間ですからネガティブな気持ちになることは誰でもあります。
ネガティブな気持ちを押さえつけて、「皆さん、ポジティブになりましょう!」
などというつもりはまったくありません。
またメンタルトレーニングというと、
いかにポジティブになれるかのトレーニングだと思っている人も多いような気がします。
私は、「ポジティブになるための方法」を尋ねられることもしばしばです。
少しややこしいのですが説明すると、
「今日の対戦相手は格下だから楽勝」と考えるのがポジティブ思考だとすれば、
逆は「格上だからたぶん負ける」というネガティブ思考です。
ポジティブ思考とネガティブ思考は表裏一体で互いに関係しあっているため、
ネガティブだけを取り除くというのは無理な話。
むしろポジティブ思考がネガティブ思考を強化するという、
なんとも皮肉な状態になっています。
それなのに、ポジティブ思考主義が世の中には蔓延していて、
「ポジティブにならなくちゃいけないのに、なれない自分が嫌」という、
「ポジティブになりたいネガティブな人」がたくさんあふれています。
みんな、思考に振り回されているのです。

ゾーン・コーチングでは、ポジティブ、ネガティブというとらえ方を超えて、
「思考に支配されていることに気づく」「思考を手放してニュートラルな状態になる」ことで、
その人がもつ最大限の力を引き出すことを目指しています。
時には100%の力を超えて、120%の力が出せることもあるのです。

3.自分をニュートラルにし、「今にいる」をつくる瞑想

私はコーチングのほかに、ヨガやマインドフルネス(瞑想)の講座も開催しています
(マインドフルネスと瞑想は、ほぼ同じ意味で使ってもらっていいと思います)。
瞑想は人を思考から解放し、ニュートラルな状態をつくり、
本来の力を発揮するためにとても有効です。
でも、なぜ思考にまみれることはよくないのでしょうか?
人は仕事で、家庭で、地域で、いろいろなものを抱えて生きています。
思考でがんじがらめになってしまうのも無理はありません。
でも思考でがんじがらめになっている人には、共通点があります。
それは「過去に基づいて物事を考え、未来のことに思考をめぐらせている」ということです。
「あの時、ああしていれば」は過去で、「もっとこうなったら…」というのは未来です。
「タラレバ」ばかり言いながら空回りしている人は(数年前にそんなドラマがありましたね…)、
「今にいない」ので、目の前の現実を扱っていません。
結果をつくれる人は、今にいて現実に行動している人だけなのです。
たとえば、テスト前の学生さんを例にあげると、
・「このテストで〇〇点を取れなかったら、留年してしまうかも」と未来に行ってしまっている。
・「前のテストの時、頑張って勉強したのに思ったより点がとれなかった。どうせ私にはできない」と過去から未来に行ってしまっている。
・「今日は眠いけど、明日〇時間勉強すれば、たぶん大丈夫」と未来に行ってしまっている。
となります。
これでは、集中力が出るはずもありません。
そして、現状をしっかり把握することもできず、結果が出せません。

今にいないことに気づく。思考に引きずられる心に気づく。
その気づいた瞬間、あなたは「今」にいます。
トレーニングを重ねると、「今」にい続けることができるようになります。
そんな方に、瞑想をおすすめします。
「ネガティブ脳になっちゃっているかも」「もっとポジティブにならなければ…」とお悩みの方、
今までと違ったものの見方を身につけ、結果をバンバン出しちゃいましょう!

まずはお気軽に、自然の中で瞑想を体験してみませんか?
 関西が拠点の私ですが、今年は東京でもやります!
もちろん、初めての方も大歓迎です。



〈直近の瞑想会〉
2020年2月15日(土) 東京都立木場公園 10時~
https://www.facebook.com/events/715769435618064/

2020年2月29日(土) 北山緑化植物園(兵庫県西宮市) 10時~
https://www.facebook.com/events/
北山緑化植物園/グランディング瞑想会自分とつながる

 

幸先よくものごとが決まっています!!

あけましておめでとうございます。

あっという間にもう2020年になって9日が経ちました。

今年もよろしくお願いします。

 

みなさん、お正月はいかがお過ごしでしたか。

私は毎年のことですが、実家(埼玉)でお正月を迎えました。
今年は天気が良いとの予報だったので

初日の出を見ようとご近所でスポットを検索すると

すっかり忘れていましたが車で15分たらずのところのさきたま古墳が出てきました。

小学生依頼行くこともなかったですが

なんか懐かしくそして初日の出もしっかり観ることができました。

 

 

ちなみにこのさきたま古墳の周辺が埼玉県名発祥の地だそうです。

知らなかった・・・(^^;)

 

2日には川越へ

江戸時代には城下町として栄えて、蔵造りの古い土蔵や商家が並んでいる町並みです。

最近は小江戸感が人気でかなりの人で賑わっているようです。

 

 

 

大人になって地元を散策することってなくなっていましたが

大人になったからこそ感じる歴史の大事さがありました。

 

最後に出世稲荷をお参りしてきました。

 

そのおかげもあってか

今年6月にフランスで開催するグランディング瞑想会は

早々に満席になって準備も着々と進んでいます。

めちゃ楽しみです!!

 

リフレッシュヨガ講座開催!

おしごとフィールドでは何度かコーチングの講座を開催いただきました。

いつもたくさんの方にご参加いただき

コーチングを知っていただけることを嬉しく思っています。

 

今回は、ヨガ講座を開催いただきます。

ヨガは体を通して自分に気づいていくものです。

 

集中力や決断力アップとともに

自律神経のバランスを整えることもできるので

免疫力・抵抗力のアップ

ストレスマネジメントにもなります。

 

いろいろな作用があるヨガをぜひご体験ください。

 

 

上記の写真のように椅子を使ったヨガになります。

 

お申込み

OSAKAしごとフィールド 総合受付
06-4794-9198
受付時間:月~金曜 9:30~20:00、土曜 9:30~16:00

もしくは

https://shigotofield.jp/events/200122_fencingより

東京オリンピック出場決定!!まであと一歩

以前から関わらせていただいていた

ボクシング81kg級の「梅村 錬」選手の

東京オリンピック出場決定まであと一歩となりました!!

2梅村

 

第89回全日本ボクシング選手権大会(11月20日~24日)の試合を勝ち抜き優勝!!

これでオリンピック出場が決まるかと思っていたら

どうやら内定にはいろいろ条件があるようです。

最速決定は2月のアジア・オセアニア予選大会で5位入賞とのこと。

梅村1

 

小学5年生から鬼柳忠彦監督のもとボクシングを学んできて

中学3年生のときにロンドンオリンピックで村田諒太選手が金メダルを獲得したときに

「自分もオリンピックに出たい」と

2020年の東京オリンピック出場とメダルをイメージして

トレーニングを積んできた結果、目前まできています。

鬼柳

 

二人三脚でやってきた愛弟子の優勝ベルトを着けた鬼柳監督

 

全日本選手権優勝おめでとうございます!!

 

応援しています。

 

試したくなる!!あがりや緊張をなくす実践メンタルトレーニング

例えば

◆人前に立つと手や足が震えてしまう
◆人からの視線を怖く感じる
◆プレゼンなどで、話そうとしていたことが急に飛んでしまう
◆目上の人の前だと何を言っているか分からなくなる
◆会議で発言しようと思っても上手く意見が言えない
◆大勢に見られているかと思うと真っ白になってしまう
などなど状態は様々あります。

誰もが、人前でスムーズに上手に話したいと思っているわけです。

そんな方々のための実践メンタルトレーニングセミナーです。

【日 時】

2019年12月7日(土曜日)午前10時~12時

【会 場】
大阪コミュニケーションスペース

大阪市北区中津1-2-21 共栄ファイブビル8F

【受講料】
¥3,000(税込)※当日お支払いください。

【対象者】

人前で話す時、緊張してしまう、プレゼン・スピーチであがってしまう方に!

【お申込】

06-6831-2691

 

【内容】
●あがりや緊張の原因
●なぜあがってしまうのか
●あがりや緊張時の心と体の状態は?
●人間の脳のメカニズム
●誰もが持っている能力の開花
●トレーニングしてみよう
●体からのコントロール法を学ぶ

 

◆実践練習会について

※トレーニングによって、あがりや緊張の悩みから解放される事で

あなたのパフォーマンスが良くなり、ビジネスの結果や人間関係に違いがでます。

 

【特典】
★スピーチ&トーク練習会初回体験に無料で参加いただけます!

 

<受講者からのメッセージ>
人前で話すことに関して、20代は全く問題がなかったのですが、

年齢と社会的立場が上がってくるとともに緊張するようになり、

苦手意識を持つようになってきました。

それを克服する為に、20、様々な本を読んだり、セミナ-に行ったり、

この3年間はスピーチの練習会を開催したりしております。

3ヶ月前、森先生のセミナーに参加させていただき、そこで学んだ事が、

あがりや緊張などの心の問題に対する究極の解決策であると確信しました。
これまで研究し尽された脳科学や心理学には特効薬はありません。

あがりや緊張の解消メソッドの基本を学び、確信し、実践することこそが解決策の真髄だと思います。

日常、少し心がけるだけで、自然に緊張を受け入れるようになり、

徐々に人前で話す恐怖や不安も解消されていきます。
まずは、知ることが大事です。このセミナーでぜひ知っていただきたいと思います。
また、ここで学んだことを実際に試していただきその効果を体感していただくために、

私が主催していますプレゼン道場の《スピーチ&トーク練習会》初回体験に、

初めての方に限り無料で参加していただけます。
プレゼン道場は、失敗が許される場所ですので、気楽にチャレンジすることができます。
実践練習を繰り返し行うことで、潜在意識へすり込みされ、自然に身についていきます。

 

 

天空の瞑想を楽しむ会

瞑想をしようと思ってもなかなか時間を作れない
どんなものか体験してみたいという方もぜひ!

 

Google、facebook、intelなどといった企業でも
研修プログラムとして取り入れられている瞑想!!

 

仕事を効率よく進めたい
物事に集中して取り組みたい
結果(成功)を出したい
モヤモヤやイライラを晴らしたい
身体も気持ちも軽くしたい  など

私たちは日常をより良くしたいと思っています。
では、なぜそうできていないのか?

情報過多の現代、
私たちの思考・感情・感覚は留まることを知らず
暴走していることで
本来の能力を発揮できずにいるからです。

 

瞑想は、そんな乱れをコントロールし
こころと身体を整えてくれる脳トレーニングです。
脳の活性化によって
想像力、集中力、記憶力、意思決定、やる気、
対人能力などの向上、
自立神経系・内分泌系のバランスがとれ
ストレスや疲労が減少しパフォーマンスの向上、
本来の能力を発揮することができます。

 

 

セミナー内容
・イスに座ってするアーサナ
・呼吸法
・一点集中瞑想 など

自然食のお食事付き

 

日 時:6月4日(火)
19:00~21:30
会 場:長堀橋駅から徒歩1分
参加費:5,000円(食事付)
リード: 森 美智代

 

 

あがり症を克服する実践セミナー

あがり症のあなたのための講座です!

「大勢の前だと緊張してしまう・・・」

「視線を強く感じると急に喋れなくなる・・・」

「用意していたものが急に飛んでしまう・・・」

想定していたことの半分も伝えられなかったり、
思っていることが伝わらなかったり。。。

 

上手くやろうとすればするほど、失敗に意識が向いてどんどん自信を失ってしまう。

そんな経験ありませんか?

 

本セミナーは、人前で喋るときのメンタルトレーニングを行うことで、

あがり症を克服していくためのセミナーです。

 

人は見られていると思うと急に緊張します。
そういった緊張が気にならなくなる手法を実際に体感して頂くセミナーです。

人前で話すことが苦手な人、過去に失敗体験がある人、

長年あがり症が治らない人、大歓迎です。
ぜひ90分のセミナーででどのくらいの自分に変化が起こるか、楽しみにしていてくださいね。

 

◯セミナー内容

以下、3つのステップにより、あがらずに話せる「理想の自分」を創りあげます。

◆ステップ1:なぜあがってしまうのか?緊張の原因を知ろう!

1)緊張しているときの状態は?
2)不安の正体ってなぁに?
3)人間のメカニズムって?

 

◆ステップ2:緊張をコントロールできるようになろう!
1)自分を観察する
2)身体、心、思考に起きていることをキャッチする
3)緊張や不安をコントロールする方法

 

◆ステップ3:トレーニングしてみよう!
1)観察のコツをつかむ
2)身体へのアプローチでリラックスを体感
3)パフォーマンスを最大限に発揮するセルフコントロール

 

日程 2019年06月08日(土)   15時15分 ~ 16時45分
受付開始 15時00分
定員 10 名
申込期限 2019年06月06日
会場 メゾン第3新大阪913号室
≪住所≫大阪市淀川区西中島7-2-13
≪アクセス≫新大阪駅から徒歩3分
持参物 筆記用具、服装自由
主催・共催 モチベーション&コミュニケーションスクール
参加費   3,000円
お申込み:
https://www.motivation-communication.com/b_tension/0504/

ご参加お待ちしています!!

 

 

あがり症を克服!メンタルトレーニング実践セミナー

あがり症のあなたのためのセミナーです!

 

「大勢の前だと緊張してしまう・・・」
「視線を強く感じると急に喋れなくなる・・・」
「用意していたものが急に飛んでしまう・・・」

想定していたことの半分も伝えられなかったり、
思っていることが伝わらなかったり。。。

 

上手くやろうとすればするほど、失敗に意識が向いてどんどん自信を失ってしまう。

 

そんな経験ありませんか?

本セミナーは、人前で喋るときのメンタルトレーニングを行うことで、

あがり症を克服していくためのセミナーです。

人は見られていると思うと急に緊張します。
そういった緊張が気にならなくなる手法を実際に体感して頂くセミナーです。

人前で話すことが苦手な人、過去に失敗体験がある人、長年あがり症が治らない人、大歓迎です。
ぜひ90分のセミナーででどのくらいの自分に変化が起こるか、楽しみにしていてくださいね。

 

 

◯セミナー内容

以下、3つのステップにより、あがらずに話せる「理想の自分」を創りあげます。

◆ステップ1:なぜあがってしまうのか?緊張の原因を知ろう!
1)緊張しているときの状態は?
2)不安の正体ってなぁに?
3)人間のメカニズムって?

◆ステップ2:緊張をコントロールできるようになろう!
1)自分を観察する
2)身体、心、思考に起きていることをキャッチする
3)緊張や不安をコントロールする方法

◆ステップ3:トレーニングしてみよう!
1)観察のコツをつかむ
2)身体へのアプローチでリラックスを体感
3)パフォーマンスを最大限に発揮するセルフコントロール

 

日程 2019年05月04日(土)   14時15分 ~ 15時45分
受付開始 14時00分
定員 10 名
申込期限 2019年05月03日
会場 メゾン第3新大阪913号室
≪住所≫大阪市淀川区西中島7-2-13
≪アクセス≫新大阪駅から徒歩3分
持参物 筆記用具、服装自由
主催・共催 モチベーション&コミュニケーションスクール
  参加費      3,000円
お申込み:セミナーズサイトより
https://www.seminars.jp/s/400117?fbclid=IwAR0opTMNawE7H0i3e9ExHqHLYHmCKq3hPemIIUq-pQ5IiKhVMuXNhz4XOXo

 

 

ご参加お待ちしています!!