オフィシャルブログ

日別アーカイブ: 2020年9月1日

「頑張る」と「逃げる」の二択になっていませんか?

さっき『半沢直樹』を見ていたのですが、
こんなテンションで仕事するって、ひと昔前の話だなあ…と、
ちょっと笑ってしまいました。

 

ドラマとしてはもちろん楽しめるのですが、こんな会社、今あるの?
と一人つっこんでしまいました。
もしかしたら、ほとんどの人がつっこみながら楽しんでいるのかもしれないですね。

 

そういえば「男は黙ってサッポロビール」というCMが昭和の時代に、ありました。
男性は特にその傾向がありますが、
自分の気持ちを押し殺して頑張るという文化も、
根強く残っているのでしょうか。

 

でも、それだとコーチング的には前進しないかもしれません(笑)
なぜなら、コーチングを学ぶ上では、
「正直な自分を持ち出すこと」が大切なポイントだからです。
コーチングは自分を観察する技術ですから、
自分にうそをついていては結果を出すことができないのは当然ですね。

 

でも正直に言葉したつもりでも、どこかしっくり来ない、
ということはありませんか?
そもそも、自分の本当の気持ちに気づいていないことだって、すごく多いのです。

 

自分にあることを、そのまま正直に言葉にするというのは、
慣れないとなかなか難しいことのように思えます。
私も昔はそうでした。
自分の気持ちに気づいてはいるけれど、
「こんなこと言うのは恥ずかしい」「ダメな人だと思われないかな」など、
いろんな気持ちが邪魔するものです。

 

でもコーチングをしばらく学んでいると、
トレーニングによってどんどん気づけるようになり、
安全で安心な空間の中で、自分のことを話すことができるようになります。
気づけば、次の行動が変わってきます。
結果も変わってきます。

 

また正直に話すことが、
他の人の気づきを生み貢献になるのです
(もちろん話したくないことは話さなくても大丈夫。気づくだけでも前進です)。
そして、ちょっと心が疲れていた人でも、
みるみる元気になり生き生きしてきます。
半年の講座で、最初と最後では別人のようになる人も本当にたくさんいます。

 

 

先日、自ら命を絶ってしまった若手俳優さんがいましたね。
人気絶頂でしたから、ショックを受けた人も多かったと思います。
その方の何年か前のインタビュー記事を読む機会があったのですが、
こんなことが書いてありました。

 

「僕の同級生は今みんな就職をしていて、
時々「俺つらいんだよ。正直俺やめたい!」と相談されることもあります。
ああ、やっぱりみんなそうなんだなと思いました。
そんなときに僕は言います。
「でもね、それ越えなきゃだめなんだよ」と。
(中略) 誰でも、忙しさやいろいろなものに負けそうになって落ち込んで
「よくわからなくなった、逃げたい!」となるかもしれません。
「でもそこからさらに頑張る、
というところまでいかないとだめなんだと、僕は思っています」

 

本当に真面目な方だったのだなと、切なくなってしまいました。

 

「頑張る」と「逃げる」の二者択一しか知らないと、
苦しくなってしまいますよね。
でも、選択肢なんてじつはたくさんあるのです。
必死になって力が入っていると、いい選択肢が浮かびません。

 

「今ちょっと辛い」という人におすすめしたいのは、
自分の体と心を観察し、思考を手放して「今ここ」を感じてみることです。
また、ジャーナリングというのですが、自分にあることを、
思考から体の感覚まですべて紙に書き出して、
自分で眺めてみることです。

 

そして、「どんな自分もあっていい」とすることです。
他人と比較する自分も、逃げたい自分もあることをただ、感じてみてください。
マインドフルネス(瞑想)は、そんな癒しと成長のトレーニングでもあります。

 

「今ここ」を感じる習慣をつけることで、
心はほんとうの意味で強くなっていきます。
私はオンラインでもリアルでも、瞑想の機会を、
一人でも多くのみなさんにお届けしたいと思っています。

 

「コーチング、マインドフルネスのことなら大阪のEsprit(エスプリ)へ」

 

 

■■□―――――――――――――――――――□■■

Esprit

【電話番号】
06-6308-2787

【営業時間】
9:00~19:00

【定休日】
祝日

■■□―――――――――――――――――――□■■